今枝歯科医院

中川区万場 歯医者 | 今枝歯科医院

ご予約・お問い合わせ tel.052-432-2925

〒454-0997 愛知県名古屋市中川区万場5丁目502番地


MENU

細やかな心配りで一人一人の患者さまの笑顔をお手伝いします

    診療時間

    午前 9:30~12:00  午後 14:30~19:00
    休診:木曜・日曜祝日 (土曜午後14:30~17:00 診療)
    診療受付時間:平日18:30まで 土曜16:30まで

    お知らせ

    今枝歯科医院の特徴

    POINT
    医療器具の滅菌から医院内を流れる空気まで衛生的環境にこだわっています
    POINT
    自分が受けたい、家族に受けさせたい治療を行っています
    POINT
    小さなお子さまからお年寄りの方まで、健やかなお口を保つ予防に力をいれています
    POINT
    マイクロルーペを使って、精密な治療・予防処置を行っています
    POINT
    0歳からのお口を健やかに育む、親御さまのための予防知識を提供しています

    診療カレンダー

    2020年 6月
    31
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4
    2020年 7月
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1

    午後休診

    午前休診

    17:00までの診療

    休診日:木曜(※)・日曜・祝日

    ※ 祝日のある週は木曜診療

    診療案内

    一般的な歯科診療

    当院では患者さまのご希望に応じて、一般的な保険診療から、セラミックなどの保険適用外の材料を用いた治療もおこなっています。 また、麻酔時の痛みをできるだけ抑えられるように、表面麻酔のお薬や、細い針を採用し、麻酔注入時の刺激を少しでも和らげられるような工夫も行っています。

    歯周病治療・予防

    ずっと健康的なお口でいるために、何か問題が起きる前から予防することをおすすめしています。定期的に歯科検診を受ける、歯科医師や歯科衛生士によるお口の中のクリーニング【プロケア】を受けることが健康なお口の中の環境を維持する上で有効です。

    小児歯科

    乳歯は、永久歯に生え変わるまでの間とても重要な役割があります。健康な乳歯で過ごすことが、その後の長い人生を支える永久歯とうまく付き合えるポイントとなります。歯質を強くするフッ素塗布や歯の溝を埋めるシーラント、親御さまの仕上げみがきでむし歯予防をしましょう。

    インプラント

    インプラントとは失われた歯の代わりに人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を付ける治療方法です。当院では歯科用CTを使ってしっかり診査診断し、治療計画を策定しています。ご自分の歯のような見た目と噛み心地が魅力です。気になる方はぜひご相談ください。

    その他診療内容

    歯科医師・スタッフ紹介

    いつまでもご自分の歯で
    お食事していただくことを目指して

    1992年に開業して以来、地域の皆さまから頼りにしていただける歯科医院を目指し、コミュニケーションを大切にして診療してきました。患者さまと接するにあたって意識しているのは、自分だったら受けたい、自分の家族にも受けさせたいと思える治療を行うことです。

    当院に来てくださった患者さまがいつまでもご自分の歯でお食事を楽しみ、笑顔で過ごしていただけるよう、皆さまに身近な歯科医師としてお手伝いさせていただきます。歯やお口の中について何かお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

    スタッフ

    よくある質問

    痛みが出ないように治療してもらうことはできますか?

    むし歯の処置や抜歯などの治療中の痛みは、麻酔をすることでほとんど感じなくなります。
    麻酔の際の痛みについては、麻酔のやり方を工夫することで、 痛みを軽減しています。
    当院では、表面麻酔をしてから、体温に近い温度に温めた麻酔液を0.2mmの細い針を使って注入していきます。
    麻酔時の刺激を最小限に抑えることが、痛みの軽減につながり、すべての患者様にこうした配慮を行っています。

    小児矯正について、いつ頃から始めるのが良いですか?

    6歳臼歯が生える頃を目安に、矯正が必要かどうかを相談においでください。 状態によってはもっと成長してから矯正を始めたほうがいい場合もありますし、顎を広げる矯正は幼すぎるとお子さまご本人の意欲が十分でないことがあります。 お一人おひとりの状態に合わせて治療を始められるよう、気になったときには気軽に相談に来ていただいてかまいません。 成長期は4段階に分けてお子さま一人一人にあった処置を行っています。治療開始は、一緒に望ましいタイミングを探っていきましょう。

    歯科用CTの具体的な使用用途を教えてください。

    治療を始める前に状態やリスクを見極めるのに使用します。骨の状態や血管・神経の位置、病巣の広がりを把握した上で治療計画を作り、お伝えします。
    また、肉眼やレントゲンでは見つけにくい、歯の根の奥にたまった膿や歯のヒビが判明することもあります。

    よくある質問を見る